資金調達実施のお知らせ

 

都市空間のリアルタイム・デジタルツイン構築でスマートな都市経営を実現することを目指す株式会社アーバンエックステクノロジーズ(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:前田紘弥、以下「UrbanX」)は、事業拡大を目的に資金調達を実施したことをお知らせいたします。

 

UrbanXは2020年8月に、東京大学協創プラットフォーム開発株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:大泉克彦、以下「東大IPC」)、ANRI(本社:東京都渋谷区、代表:佐俣アンリ)の2社を引受先とする第三者割当増資により、合計8千万円の資金調達を実施いたしました。

 

道路点検AIによって、正確かつ効率的なメンテナンスをサポート

これまで多くの自治体で行われていた車上からの目視による道路損傷確認業務をAI(人工知能)に置き換え、正確かつスピーディな道路損傷箇所検出を行い、業務の効率化を図ります。

 

 

今回の資金調達により、提携先開拓・開発強化をはじめとして事業拡大を加速し、人材採用を行ってまいります。

 

【投資家からのコメント】

●東大IPC 水本 尚宏 パートナー

2019年12月に弊社主催の起業支援プログラム「1st Round」でUrbanXチームを採択させていただき、法人設立前から弊社が支援してまいりました。関本研究室で培われた技術力、UrbanXの事業推進力、そして前田社長の仲間を集める力に大いに期待しており、この度株主として改めてご一緒できることを非常に嬉しく思います。今後、UrbanX社と共に、日本国内のみでも5兆円マーケットと言われるインフラメンテナンス市場を舞台に、都市空間の課題解決を進めてまいります。

 

●ANRI 鮫島 昌弘 パートナー

インフラメンテナンス市場は日本の大きな社会課題と認識しています。その中で、UrbanXは都市空間の課題解決に熱い思いを持った東京大学社会基盤学専攻出身の研究者らによるスタートアップで、ビジョンに共感するメンバーが集った質の高いチームが特徴です。さらに、前田社長は2020年度の未踏アドバンスト事業にてAI道路点検に関する同社のコア技術を磨き込むべく模倣困難性の高い技術開発に打ち込んでおり、都市×テクノロジーで世界一の企業となることを期待しています。

 

【メンバー募集】

UrbanXでは、都市空間における課題をテクノロジーの力で鮮やかに解決していくメンバーを募集しています!ご興味のある方は、下記までご連絡ください。

recruit@urbanx-tech.com

【企業情報】

会社名 株式会社アーバンエックステクノロジーズ

(UrbanX Technologies, Inc.)

代表者 代表取締役 前田紘弥

所在地 東京都目黒区駒場4-6-1 駒場地区キャンパス連携研究棟(CCR棟)512

設立年月日 2020年4月7日

 

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社アーバンエックステクノロジーズ

前田紘弥 info@urbanx-tech.com